小さな命がもたらす豊かさ

 

あまてらすのサロンには、いつも花を飾っています。

 

 

(今飾っているのは、薔薇、デルフィニウム、サンダーソニア)

 

 

 

 

生け花の心得がある方が見ると、きっとひどい生け方なのだろうと

 

自分でも思いますが

 

生花が好きなので、飾りたくなるのです。

(おもてなしの意味もありますが、それにしては下手すぎ…笑)

 

 

 

 

花を買って生ける時、多すぎる葉や茎を落としますよね。

 

でもそこに、たくさん蕾が付いていると

 

私、捨てられないのです・・・

 

 

 

 

咲く確率は低いのかもしれないけれど

 

なんだかいじらしくて、可愛くて・・・

 

 

 

 

だから自分用に生けてしまいます。

 

 

 

 

そして、その蕾が膨らんでくると

 

もう嬉しくて、たまらない。

 

 

 

 

咲くかどうかもわからないような小さな蕾を

 

毎日愛でて、その命のほんの小さな変化に気づき、感動する・・・

 

 

 

 

なんて豊かなのだろう

 

 

 

 

 

 

 

美しく咲いている花よりも、もっと強烈なエネルギーを感じることも。

 

 

 

 

ちょうど今、デルフォニウムの蕾が膨らんで

 

ふたつ、みっつ、ほころんできているのもあって

 

毎日、私をメロメロにしています。

 

 

 

 

ああ、もう・・・かわいい、かわいい。

 

 

 

 

というわけで

 

 

今日も朝から、豊かで幸せです。

 

 

 

 

関連記事

  1. 役割はもういらない

  2. 翡翠睡蓮を堪能する

  3. 夏の楽しみ♪

  4. クイーン・デー

  5. 食べる瞑想

  6. はじめてのけいたい♪

  7. 親が望む親孝行、子が思う親孝行

  8. 文旦エクスタシー

月別アーカイブ