愛すべき、94歳の『珍しい鳥』

 

 

 

映画『 アイリス・アプフェル!94歳のニューヨーカー 』を観てきました。

 

私が憧れる、数少ない女性の一人です。

 

Instagramで日々、彼女の素敵な姿を拝見しては” “をクリックしています(笑)

 

 

 

今年に入って、また『 アドバンスド・スタイル 』のイベントが開催されたり、

 

THE SAPEUR 』のイベントがあったりと、

 

私の美意識(と Individuality )が刺激し続けられています・・・!

 

 

 

 

 

単に着飾っているだけの人たちでないことは、

 

醸し出されているプレゼンスからも、充分に理解できます。

 

 

 

アイリスのスタイルも経歴も素晴らしいのだけれど、

 

そのベースには、自身への愛と探求、アートや音楽、歴史への深い理解があります。

 

アイリスの、ユーモアに溢れる辛口の名言も、愛があるから人を笑顔にしてしまう。

 

 

 

『 Style 』は1日にして成らず、ですね。

 

(でも、94歳なら、あと40年以上ある!・・・笑)

 

 

 

 

アイリス・アプフェル氏は現在、94歳。

 

昨年、68年連れ添った最愛の夫を亡くしました。

 

この映画は、そんな二人の愛とユーモアに満ちたラブ・ストーリーでもあります。

 

 

 

 

ファッションに興味がなくても、お勧めしたい映画です。

 

タイトルの「珍しい鳥」の理由は、ぜひ映画で!

 

東京は、渋谷アップリンクで上映中です♪

 

 

 

 

余談ですが。

 

この映画館は、私がパートナーと出逢った場所。

 

私はその映画(ドキュメンタリー)を観ている最中、暗い中でメモを取っていました(笑)

 

隣に座っていた彼が私のエッセンシャルオイルの香りに気付いて、横を見たらメモを取っていたので興味を持ち、映画が終わってから声をかけてきたのが、出逢いのきっかけ。

 

 

そして昨日のアップリンクでは・・・

 

私の隣の男性が、映画を見ている時にメモを取っていました・・・!!!

 

 

なんの引き寄せ???・・・すごい確率!

 

 

きっとアイリスの名言をメモっていたのでしょうね。

 

あ、声はかけませんでしたよ(笑)

 

 

* * *

 

 

「特にルールはないの。あっても破るだけ。」

 

「自分を美人だと思ったことは、一度もない。私みたいな女は、努力して魅力を身につけるの」

 

「人と同じ格好をしないのは、自分の意見を持つということ」

 

「時間をかけて人生を歩めば、最後は自分のものになるわ」

 

「毎日無難なことを繰り返すくらいなら、いっそ何もしなきゃいい」

 

 

ーアイリス・アプフェル

 

 

関連記事

  1. ひそかな目的

  2. ガンジスに還る

  3. 魔法のランプ

  4. ほんの数ミリの魅力

  5. 数字の美しさ

  6. アスタナバレエ団

  7. The Art of Asking〜お願いするということ

  8. 土と泥にまみれ瞑想する

月別アーカイブ