てるぺん、椅子のかたちの積み木。


こんにちは。宝晶です。

てるぺん が届きました。

杉の間伐材でできた、椅子のかたちをした積み木です。

てるぺんに出逢ったのは、くにちゃん こと はしもとくにひこさんの紹介でした。

神奈川の等覚院という素晴らしいお寺で開催された、プレイバックシアターの中で体験した『影舞』で使ったのが、最初の出逢い。

柔らかく軽い杉の木の感触、香り、「椅子」という面白いかたち。

『影舞』での使い方も相まって、すっかり てるぺんのファンになってしまい、いつか欲しいと思っていました。

そしてとうとう・・・キタ

届いた箱を開けたら、

杉のいい香り。

箱にきちんと整列して入っている40個の椅子は、小学校の教室がまるごと届いたみたいな、不思議な、でも懐かしい感覚でした。

早速遊んで、楽しんでいます。

これからご縁のある方に、遊んでいただけることと思います。

てるぺんに興味のあるかたは、お知らせくださいね。

こちらもご覧ください~

てるぺん

はしもとくにひこさん

等覚院

関連記事

  1. 水晶文旦

  2. こじんまりまとまれなかった

  3. わたしは太陽の子

  4. 文旦エクスタシー

  5. 陰陽師と狐

  6. ハレとケ、心地よく美しいけじめ

  7. 蒸栗色の色無地

  8. おみくじ自分歴♪

月別アーカイブ