ガンジスに還る

 

また、インド映画を観てきました。

インド映画につきもの(?)の歌もダンスもない

かといって、観客を号泣させるような激しいストーリーでもない

シンプルで、ユーモアも感じる、きっとガンジス川の流れのように

静かでゆったりと流れてゆくようなストーリー。

 

 

撮影当時24歳というとても若い監督だからなのか

親の死を扱った映画ですが、重くなく、けれどずっと神聖さに満ちています。

 

観終わってから幾度となく、自分の内側に「死」というものへの問いが、ふぅっと現れます。

親とか、自分とか。あるいは愛する人とか。

ふぅっと、というのは、どどーーん!と重くならないってことね。

淡々と、粛々と、身近に死への問いを感じています。

それもこの映画の良さだと、私は思っています。

 

(映画の後は超単純にインドカレー。本当は映画の中に出てくる家庭料理が食べたかったんだけどなー)

 

 

実は、この映画。

これを観て、彼がとうとうインドへ行く気になるか、さらに行きたくなくなるか……

さあ、果たしてどう出るか!みたいな、笑。

私たちにとっては、キーになる重要な映画でもあったのです。

 

さて、結果はどうでしたでしょう?

お会いしたら、教えますね。

 

間に合えば、ぜひご覧ください。

東京は岩波ホールで、12月14日まで。

そのほかの地域はこちらからどうぞ♪

 

 

 

 

ちなみに、今年観た前回のインド映画はコレ。

 

インディアン・フィルム・フェスティバルから

『私のスールー (Tumhari Sulu) 』

「普通の主婦」が人気DJになる、女性の社会進出を描いたストーリー。

……って書くとなんか薄っぺらい感じだけど、

たくましく、柔軟に、周りを巻き込んで、諦めずに自分の望みを叶えていく、

女性が夢を叶える時のお手本になる、と言っても過言ではない

共感できるところがいっぱいの、とても素敵な映画でしたよ。

 

関連記事

  1. 音楽の力〜Song of Lahore

  2. すてきならくがき

  3. kiyaのローチョコ♪

  4. 女神が目醒めた日

  5. ラグジュアリーご褒美トリートメント

  6. ほんとうの願いは叶っている

  7. 大化616年

  8. 新しいお面

月別アーカイブ