愛する命が存在しているということ

今日は体育の日ですね。

旗日のあまてらすは、こんな感じでした。

 

(ややこしい意図はありませんよ^^)

 

 

最近では、秋は受験で忙しいから運動会は春になった…なんて話も聞きますが、

実際はどうなんでしょうね。

秋の日焼けを少々気にしながらも、

娘の運動会を嬉しく観に行っていたことを思い出しました。

 

 

アメリカから戻ってしばらく、彼も私もそれぞれのことに忙しくしていたので、

映画を観に行くデートは久しぶり。

こんな映画を観てきましたよ。

 

 

ベストセラーの実話を映画化したものですが、

なんと猫ご本人(ご本猫?)も多くのシーンに登場しています。

もうあの『ハイタッチ』見るだけで癒されます・・・

 

 

私これまで、猫のことを誤解していたようです。

・・・というより、知らなかったのね。

猫も、誰かを見守ったり、何かをうながす存在なんだなーって。

個性や相性もあるから、みんながみんな、そうではないのかもしれないけど。

 

 

人であれ、動物であれ、自分が愛する命が存在していることは、

自分が存在している実感になる。

自分自身の命の糧になる。

 

 

そんなことも、この映画であらためて思い出しました。

愛する人と一緒に観に行けてよかったな。

そして、私の愛する人たちに観てもらいたいな。

 

あなたの愛する人たちにも教えてもらえると嬉しいです。

『ボブという名の猫 幸せのハイタッチ』

 

 

映画館が銀座だったので、街も楽しんできました。

銀座、大好き。

 

 

カフェでなく、素敵な「喫茶店」で、

その人に合わせたカップで、丁寧に淹れてくれる

美味しい炭火焙煎のコーヒーをいただいたり、

 

 

(私は赤&黒のコーディネイトなので赤のカップ)

 

(青いシャツの彼にはブルーのカップで。赤は一見無地だけど、内側に花柄があって華やかなカップでした♪)

 

伊東屋で、来年の手帳を吟味したり、

美味しいフレッシュポルチーニ(!)のパスタと白ワインもいただきました。

 

 

 

そうそう。

この映画に決める時。

 

私 「今日、どの映画観る?」

彼 「何がいい?」

私 「犬の映画。」

彼 「あ、オレ、猫の映画。」

笑笑笑・・・

 

 

数ある映画の中で、ふたりとも動物ものを選んで、

しかもタイトルをまったく覚えていないっていう、いい加減さ。

 

本当にしょーもない、くだらない会話なのだけれど。

こういう会話が、ふたりを繋げてくれます。

 

 

私が、猫も同じぐらい気になっていたので、

今回は猫にしました。

 

犬もまた観に行こうっと♪

 

 

関連記事

  1. 蓮池

  2. AFPのあとは、いつもツヤツヤ☆

  3. ハレとケ、心地よく美しいけじめ

  4. もふもふ、なでなで、すりすり♪

  5. アメリカの旅、その1

  6. ひらがな、たった5文字で起こったこと

  7. 蚊に刺されたら、ジョリジョリジョリ……

  8. わたしは太陽の子

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

月別アーカイブ