春社のお詣り♪

彼岸明けの前日にあたる日は、春の社日(しゃにち)、神事の行事です。

春分から一番近い戌の日におこないます。

今年はそれが今日に当たります。

社とは、産まれた土地の守護神である産土神(うぶすなしん)のこと。

土の意味がある戌の日に、土地を護ってくださっている産土神に、春は五穀豊穣を祈願します。

私は農業をしているわけではありませんが、久しぶりに産土神社へお詣りし、祈りました。

今日はパートナーと一緒に。

ご縁という尊い種がさらに広く、すくすくと健やかに育ち、秋にはまた豊かな実りを享受できますように。

志を持って、魂のある仕事をさせていただけることを心から感謝しています。

ありがとうございます。

関連記事

  1. 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった

  2. 白梅

  3. 清らかな美味しいご飯『ドローン米』

  4. 小さな命がもたらす豊かさ

  5. お参りハシゴ

  6. 帰国しました

  7. AFPジャパン公式Facebook ページでご紹介いただきました

  8. 【美しさの自立】出版のお知らせ

月別アーカイブ